²­vŒ'ºÚÊÜ© 金価格を読む(2) | CFD取引でグローバル投資

2009/10/12

金価格を読む(2)

[PR] CMC Markets Japan

金価格の高騰が続いています。
10/8に、金の先物価格は 1オンス=1062.7ドルの史上最高値をつけました。

前回お伝えした通り、ドルと金の動きには「逆相関」の関係があるため、金の高騰の背景には、ドルに対する信認が揺らいでいることを示す一端と考えれます。

ドル以外の通貨の動きとしては、オーストラリアが金利を 0.25% 引き上げて 3.25%にすることを決定しました(10/6)。

金融危機後、先進国・新興国 20ヶ国(G20)では始めての動きです。
今の経済情勢では、ドルの利上げはまだまだ先の話でしょうし、ドル安が長期化しそうな予測が広まっています。

では、金の今後の動きはどうなるのでしょうか?

金融機関の予測をみてみましょう。
JPモルガンは、2009年の金価格を 1オンス=948ドルに引き上げました。
(※ 7月の前回予想は 1オンス=939ドル)
2010年に関しては、1オンス=950ドルから 1006ドルに引き上げています。

銀に関しても同様の予測を示しています。

短期的には、ドルの価格が急上昇する要因も低いですし、しばらくは高値圏で安定するとの見方が広がっています。

関連記事


カテゴリー: ãƒžãƒ¼ã‚±ãƒƒãƒˆ

タグ 

54 ビュー

この記事に関するコメントを行う

お名前
メールアドレス
ウェブサイト
コメント:

ランキング

にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。あなたの応援が活力になります。
CFD取引

最新の情報


Go Top