²­vŒ'ºÚÊÜ© バーナンキFRB議長の半期に一度の議会証言! | CFD取引でグローバル投資

2010/02/22

バーナンキFRB議長の半期に一度の議会証言!

[PR] レバレッジ最大100倍!ついに原油・金、CFD取引で7/15スタート!

先週、FRBが公定歩合を0・25%引き上げて、年0・75%としたニュースは、マーケットに少なからず驚きを与えました。それは、市場関係者の間では「まだ金利を上げるのは早いだろう。」というムードが大勢を占めていたからです。

一般的に、今のような状況下で金利を上げるということは、「金融緩和政策に一区切りをつける」というメッセージとして受け取られてしまいます。

もちろん、FRBはそのように市場に判断されるのを避けるために、「金融引き締めの意図はない。」というコメントを同時に発表しているようですが、市場には、「いよいよ金融政策の正常化に向けての動きが始まったようだ」という認識が急速に広がっています。

歴史的な低金利状態をいつ脱するのかといういわゆる「出口戦略」については、ここ半年ほど議論の的になってきましたが、最初の一歩は、マーケットの不意をつく形で静かに踏み出したようです。

ここで注目が集まるのは、やはり今週のバーナンキFRB議長の半期に一度の議会証言(24、25日)となるでしょう。
今回の決定、米景気の見通し、出口戦略などについてどのような発言をするのかが非常に興味深いところです。

仮に強気の見通しとなれば、ドル買いにつながり、それが円相場と日本の株式市場に波及してくることは間違いありません。個人投資家にとってもこの点からは目が話せない週となりそうです。

関連記事


カテゴリー: ãƒžãƒ¼ã‚±ãƒƒãƒˆ

タグ 

59 ビュー

この記事に関するコメントを行う

お名前
メールアドレス
ウェブサイト
コメント:

ランキング

にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。あなたの応援が活力になります。
CFD取引

最新の情報


Go Top