²­vŒ'ºÚÊÜ© CFDとは | CFD取引でグローバル投資

CFDとは

[PR] CFDならFXオンライン

e8799msg
最近耳にすることが多くなった「CFD取引」という言葉ですが、一体どのような投資手法なのでしょうか?

「結局、CFD取引で何ができるようになるの?」という、初心者の素朴な疑問に答えるために、以下で噛み砕いて説明していきましょう。
                                                             

CFDという言葉は「Contract For Difference(差額決済取引)」を略したものです。

イギリスの金融ブローカーが1990年代に開発したのがその始まりとされていますが、瞬く間に欧州全土でCFDブームが起こり、それを受けて世界各国でも次々とCFD旋風が巻き起こっています。

特に、ヨーロッパ各国での人気は圧倒的で、現在、欧州マーケット全体の1日の総売買代金(現物株)の(なんと!)約3分の1をこのCFD取引が占めているといわれています。

日本でも2009年初めから急速に拡大を始めており、ポストFX!として、注目を浴びつつあるのはご存知のとおりです。
    

取引の仕組みは、文字通り「差金決済/証拠金取引」であり、これはすでに広く浸透しているFXと全く同じ仕組みです。
(実はCFD取引の数ある投資対象の内、「為替」を対象とするものをFXと呼んでいる、という言い方の方が正確です。)

要するに、証拠金(保証金)として約定金額の一部を証券会社に預けることによって、その数倍~数百倍の取引が可能になる取引手法であり、加速度的に資金を増やす可能性のある非常に資金効率の良い投資ツールなのです。
                                                             

取引できる商品には、

・日本株
・外国株(アメリカ、ヨーロッパ、中国、ブラジル、その他世界各国の銘柄)
・株価指数(日経225他世界主要指数、業種別指数、指数先物)
・債券
・商品(原油、金、その他)

などがあり、一つの口座で世界中のあらゆる金融商品の取引が可能となっています。

また、信用取引や先物取引のように「空売り」から仕掛けることもできるので、相場の上昇期・下降期を問わず収益チャンスをものにする事が可能です。
                                                                                                               

いずれにしても、初めてCFDに挑戦する投資家は、今までの投資の常識を一旦ゼロクリアする必要があるかもしれません・・・。CFDはそれほど衝撃的な投資手法です。

CFD口座を開設するだけで、例えば下記のような投資環境を一瞬であなたは手にすることができるようになります。

 ■加速度的に資金を増やすことが可能なレバレッジ投資があらゆる金融商品で可能に!

 ■海外口座を開かなくても自由自在に海外投資! 

 ■最低売買金額が高くて手が届かなかったあの株式個別銘柄に少額から投資できる!
 
 ■あらゆる銘柄が「空売り」可能。これで下落局面でも収益をゲット!
  
 ■投資信託、ETF,日経225先物などよりも、高レバレッジで「株価指数」に投資!
 
 ■今まではハードルの高かった「原油」や「金」なども楽々投資対象に!
 
 ■帰宅後、世界の市場を舞台に夜のデイトレーダーになれる!

                                                    

すでに、既存の投資からCFD取引に乗り換える投資家が激増していますが、それも当然のことでしょう。

いくつかの例外を除けば、多くの点で、CFD取引の方が既存の投資よりも圧倒的に魅力があります。

日本でもヨーロッパのように1/3がCFD取引となった場合、日本人の投資スタイルどのように変化していくのでしょうか?

今や多くの個人投資がこのCFD取引の世界に足を踏み入れて、積極的に収益チャンスを狙っています。

100年に一度の相場変動期の今は、まさに100年に一度のチャンスの時なのです。

・・・・次はあなたが一攫千金を狙う番です!

(参考)動画による説明です。

関連記事

771 ビュー

ランキング

にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。あなたの応援が活力になります。
CFD取引

最新の情報


Go Top